広告
広告

薄毛・育毛対策に失敗してつらい人生!諦めなければ失敗ではない

広告

薄毛・育毛対策失敗!?つらいと感じる方へ

こんにちはhero(ヘロ)と言います。単にヘロヘロになっているからのネーミングです。かれこれ失敗続きの抜け毛・薄毛人生を送ってきました。

振り返ると僕自身も10代後半から抜け毛が始まりました。かれこれ30年以上薄毛・育毛と髪の毛にかかわる悩みを持ち生きてきています。それは徐々に徐々に進行していきます。

はじめはそんなに気にしていなかった。受験のストレスなんじゃないかと思っていたのは確かです。

抜け毛・育毛の対策は20代から。それこそお金がないので「サクセス薬用育毛トニック」

若いうちはこれで済めばいいのかもしれませんね(^^♪

しばらく使っていると、少なくとも2~3か月は必要ですが、一時的に抜け毛は減少していきました。20代前半だったので、内容等は全く見ずに、1000円くらいならばと思って使っていった記憶があります。

20代後半からさらに悪化、止まらない抜け毛からの薄毛現象に本気になって『禿げんじゃないか』と思ったものです。

リアップももちろん使いました。

この効果はあったように記憶をしていますが、なにせ、、、、金銭的に7000円も毎月だせる経済的な体力がなく諦めました。

その後も、シャンプー、育毛剤と使用してきましたが、本気になっていない自分なので『禿げ』にお金をかける意識が欠如していたのは間違いありません。

このまま禿げていくのか!?

この不安が40過ぎてものすごく強くなりました。なんとなくではなくて本気で髪の毛が欲しい。育毛しなければ!

禿げ、髪の毛がないだけで人生の損失は大きいwwwwww

体験上間違いない。

1.人と自信をもって話せない(なんとなく自分の頭が気になり引いてしまう人生)

2.異性だと特に気になる。

3.10歳は老けて見えてしまう。

4.家族にまで嫌な思いをさせてしまう。

正直、考えるだけでつらいと思う瞬間を毎日背負って生きてきました。

もう、このつらいと思う気持ちを払しょくしよう。もう一度頑張ってみようと最後の賭けに。

というより、もう一回、自分と向き合って育毛対策を真剣にやってみようと持ったわけです。

薄毛・育毛対策失敗!つらい思いを糧に改善

まず、自分自身の頭と向き合いました。

ひどい状態です。決して放置していたわけではなく、多種多様の結果なのです。

負け組に属しますが、根本を見直しました。自分の薄毛の原因はなんなのか!

薄毛の原因

通常考えられる薄毛の原因は4つあります(ここから再度自分のリスタートを切りました)

①遺伝

遺伝なら仕方ないのですが、知っているかびりひい爺様、爺様、おやじ、またまた親戚一同を見渡しても『禿げ』は皆無

薄毛には遺伝的要素が大きく関係しているとされています。
しかし、男性ホルモンを受け取る受容体の遺伝子を調べることで、男性ホルモンの影響を受けやすい体質か否かを知り、個々にあった治療方針を立てることができます。つらい状況を改善するためにはこれであきらめてはいけません。

②男性ホルモン

男性ホルモン(テストステロン)は髭や体毛などの成長を促進します。しかし頭髪にとっては逆で、毛根の毛母細胞でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、毛母細胞を萎縮させ、髪の成長を妨げる可能性もあると言われています。でも、男性ホルモンが強い人がすべて禿げているわけでもないので、もちろん諦める必要はないと思いました。

③食生活・生活習慣

髪の毛の生成に必須とされるビタミンやミネラル成分は日常の食生活では十分に摂取できない場合が多いです。

また同時に不規則な生活も髪の成長を妨げかねない状況にあります。

毛根のベタつき・脂っぽい感じがある、髪全体に臭いがあるなどの頭皮の悩みは、早めの相談が抜け毛・薄毛の予防・解消につながる場合があります。

ということで、しっかりシャンプーと食生活で改善できるものであればチャレンジしようと思ったわけです。

④ストレス

心や体にも悪影響を及ぼすストレス。

薄毛や抜け毛にとっても例外ではありません。ボクも40過ぎると仕事上の責任や人間関係で薄毛が進行していった覚えがあります!

ストレスが自律経やホルモンバランスを乱し、血流が悪化すると、毛根に栄養分を十分運べない状態となるからです。

これくらいの禿の要因はどこにでも乗っています。一つ一つを改善して、例えばストレスが軽減された、ホルモンバランスを整えた!だけでは禿げ・薄毛対策の失敗の前歴がある人は元には戻れない事実もありますよね

薄毛(うす毛)とは何らかの原因で、髪が抜け落ちてしまい、その結果、頭髪が薄くなり地肌が露出してしまうことです。

薄毛というと中高年の悩みのように思われがちですが、患者様の中にはもっと若い20歳代、30歳代といった若い年代の人たちも同様です。

いまさらながら、原因の4つを改善してもボクの禿げが改善するとは思えなかったのが本音です。

長年育毛剤、シャンプーを使っていたこともあり、一番は継続して育毛対策を行う力(経済的、心理的)が必要であることを再認識しました。

やらなければ、ただの禿なのですww

悲しむこともつらいこともこの先数十年を費やす勇気もなく、それならばともう一回諦めないでとことん育毛対策をやろうと決めました。

結局、行きついた先はこれでした

↓↓↓

【※画像】爆毛根は効果なし!って事実なの??40男の今

育毛対策、薄毛で失敗続きの方には一度ご覧になっても損はないと思います!